2018年10月31日

私の温浴(1795) 朝型化した超・早起きの人

朝型化した超・早起きの人は、そうでない人より、活動時間が早い時間帯にずれています。中高年になると、およそ12〜14時間ほどで脳の温度が下がり始めて、休息モードに切り替わってしまいます。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:12| ゲルマニウム温浴

2018年10月30日

私の温浴(1794) 人の体内時計は約24時間周期

脳の温度上下と体内時計を一致させる。快眠のためにもうひとつ重要な要素があります。それが、体内時計です。一般に、人の体内時計は約24時間周期になっており、早起きて太陽の光が目から入ると活動モードになり、約15時間後に休息モードに切り替わります。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:57| ゲルマニウム温浴

2018年10月29日

私の温浴(1793) 自分が心から楽しんでリラックス

夜になると「眠らなくでは」と緊張します。その力みこそ安眠を妨げるもと。また、寝る直前までテレビを観てはいけないなどど規制するより、自分が心から楽しんでリラックスした方が寝つきはよくなるでしょう。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:31| ゲルマニウム温浴

2018年10月28日

私の温浴(1792) 脳を活性化させ目を覚まさせます

夜のブルーライトで脳の温度がさがらい? 液晶画面から発せられるブルーライトを受けたという情報は網膜から体内時計へ伝えられ、脳を活性化させ目を覚まさせます。しかし、通常の範囲内でテレビやパソコンを使うなら、睡眠に大きな影響はなく、あまり気にしないことです。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:08| ゲルマニウム温浴

2018年10月27日

私の温浴(1791) 軽めの運動を毎日行うとよい

日中の運動が脳の温度を上げる。体を動かすと主に脳の運動野と感覚野が刺激され、温度が上がります。ウォーキングなどの軽めの運動を毎日行うとよいでしょう。家事のようにこまめに体を動かすのも有効です。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 07:09| ゲルマニウム温浴

2018年10月26日

私の温浴(1790) それよりも手足を温めて熱を放出

冷たいタオルなどでおでこを冷やすとよい? おでこを冷やしても脳の温度は下がりません。それよりも手足を温めて、体の熱を放出させるほうが、脳の温度は下がります。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 07:09| ゲルマニウム温浴

2018年10月25日

私の温浴(1789) 眠くなると手足がポカポカしてくる

リラックスして脳を休ませる体制に。眠くなると手足がポカポカしてくるのは、体の内部の熱が外に放出されているから。冷え症はどで、手足が冷たい状態だと、うまく熱が逃げず、寝つきが悪くなります。入浴はリラックス効果と、体を温めることで放熱を活発にさせる2つの効果があり、快眠に有効です。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:58| ゲルマニウム温浴

2018年10月24日

私の温浴(1788) 熱を放射して脳の温度を下げる

熱を放射して脳の温度を下げる。体は熱を逃がして、体を休息状態にしていきます。そのとき脳の温度も下がり、お休みモードに。このとき大切なのはリラックスすることです。もう活動をやめて、ゆったりとした気分でくつろぎましょう。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 07:19| ゲルマニウム温浴

2018年10月23日

私の温浴(1787) 脳の温度が下がるタイミングで床に

脳の温度が下がるタイミングで床に就けば、スムーズに寝付けるということです。昼間と夜の脳の温度差がしっかるあることが快眠には大切。それには脳の運動野や感覚野を広く刺激するのがポイント。勉強や仕事よりも運動が効果的です。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:53| ゲルマニウム温浴

2018年10月22日

私の温浴(1786) 睡眠において重要なのが脳の温度差

睡眠において重要なのが、脳の温度差です。脳の温度は体の深部体温と同じで、フル活動している日中〜夕方には高温になっています。しかし、そのまま働きつづけるとオーバーヒートを起こします。そこで夜に熱を放出し、温度を下げるしくみになっています。この時眠気が起こるのです。

美容と健康のふれあいの場所 ゲルマニウム温浴 るるど201
http://www.rurudo201.com/
温浴で身体を温めましょう!
posted by るるど201 at 06:50| ゲルマニウム温浴